葬儀初心者が覚えておくべき基礎知識

葬儀に参列する際の服装に関するマナー

葬儀に呼ばれた人が最も気をつけるべきなのが服装のマナーです。

年齢を重ねていくと、葬儀に出席する機会も増えてきます。
大人の常識として葬儀に出席する際のマナーを身に着けておくことは重要ですが、なかなか直接教わる機会は少ないですから間違った常識でお葬式に出席している人も少なくないのが現状です。
間違ったマナーで出席することは、故人にとっても遺族に対しても失礼に当たりますから、正しい知識を身に着けて失礼のない振る舞いをする必要があります。
今回は葬儀に出席する際の基本的な服装に関するマナーについて紹介します。

女性の礼装と男性のスーツ

最も注意しなければいけないのが、参列する時に来ていく服装についてです。
身に着ける服は喪服にするのが一般的です。喪服とは喪に服していることを示す服装ですから、色は黒で装飾は最小限のものにとどめます。
男性であれば黒のスーツですが、グレーや紺などの地味な色のスーツでも問題ないとされています。そういった黒以外の服装で参列する場合は、弔意を示す喪章を着用するとよいでしょう。

女性の場合は黒のスーツやワンピースで肌の露出が少ないものを着用します。
アクセサリー類は真珠のみ着用しても問題ないとされていますが、過度な装飾は失礼にあたるので必要最低限の装飾品にとどめておきましょう。
動物の皮革を使用した革製品は殺生を連想させるものであるとされマナー違反に当たります。靴以外の手袋などの小物は革製品は避けてください。
参考:家族葬の「価値ある葬儀」- 費用も低価格で安心のお葬式

仮通夜の場合などは参列者に相談しましょう

注意しなければいけないのが、亡くなった直後に行われる仮通夜へ参列する場合、あまり正式な服装で行ってしまうと、亡くなることを予定して準備していた事になりかえって失礼にあたるとされています。
仮通夜は一報を聞いて取り急ぎ駆けつけるものですから、簡素な服装であっても失礼ではないとされているので注意してください。

最新記事

  • 自由になってきた葬儀のスタイル 一般的な葬儀では、僧侶にお経を読んでもらったり讃美歌を歌ったりしますが、無宗教 …

    無宗教葬儀で意識すべきこと

  • 葬儀と告別式では社会的な意味が違う 葬儀とは遺族や近親者などが故人の冥福を祈って行う儀式であり、告別式は故人の …

    葬儀と告別式の形態の違い

  • 親戚としてお通夜や告別式を手伝うときのマナー 親戚が通夜に駆けつけるときは、遺族を支えて通夜の準備をする必要が …

    通夜や葬儀のマナー