葬儀についての遺言(エンディングノート)は残された家族に対するマナーです

葬儀は事前に決めておくと家族に負担をかけずにすみます。

家族が亡くなると悲しみに浸るまもなく葬儀の準備をしなければならなくなります。
親戚に連絡したり祭壇やお棺、花はどうするかを決めたり、遺影に使う写真を探さなければなりません。
参列してくださった方への香典返しや、出す料理など決めることが沢山あります。あわただしい中で、勧められるまま選んでしまうことになりがちです。

葬儀にかかる費用なども知っておくと良いでしょう

日本消費者協会の調べによると全国の平均的な費用は200万円で、そのうちお坊さんにお支払いするお布施が40万円になります。
費用を抑えたケースでは20万円、最高では810万円かけた人もおり費用にかなりばらつきがあります。
またお墓をたてると墓石代や加工料金、墓地の永代使用料、管理料含めて平均で183万円です。かなり費用がかかるため、最近では納得できる葬儀にするため、事前に自分の葬儀内容などを決める人も増えています。
招きたい人や、かける音楽、料理や遺影などを決めておくことで、家族にあわただしい思いをさせるこがなくなります。さらに納得して自分の人生を締めくくることができます。

いざというときのためにエンディングノートを作っておきましょう

また最近では病気で判断力がなくなったり、急な事故などで亡くなったりしたときに備えて、延命治療や葬儀についてどうしてもらいたいか書き記しておけるエンディングノートを利用する人が増えています。
死は誰にでも訪れるものですが、余り考えたくないことでもあり亡くなった時のことを考えて準備している人は少ないのですが、大切な家族に負担をかけないためにも大切なことです。
また葬儀の形も多様化してきて細かく砕いた骨を自然に返すため海や樹木の下にまく自然葬や、家族や親戚だけで故人を送る家族葬、宗教にこだわらず行なう無宗教葬などを選ぶ人も増えてきました。

東京23区葬儀場 情報