通夜や葬儀のマナー

親戚としてお通夜や告別式を手伝うときのマナー

親戚が通夜に駆けつけるときは、遺族を支えて通夜の準備をする必要があります。
したがって女性であればエプロンを持参することが大切ですが、エプロンの色はあまり派手にならないように気をつける必要があります。
また宿泊する場合もありますので、あらかじめ泊まる用意や喪服を準備していくことが大事です。
自宅ではなく葬儀会館などで行う場合も、受付や案内役など細かいことは遺族だはなかなか手が回りませんので、さりげなくお手伝いをすることが大切な心得です。

お通夜で気をつけるべきマナー

通夜は本来、遺族や親戚、及び近親者など故人と最後のお別れを行う儀式ですから、親戚でなくても親しい間柄であれば、通夜に駆けつけます。
通夜は通常午後6時から7時くらいに開始されますが、親戚であれば他の弔問客が集まり始めてからの到着では遅すぎます。

到着が遅れてしまった場合で、既に通夜の準備が整っているときは、受付で挨拶をするに留めることが大切なマナーです。
近年では通夜と葬儀の違うがあいまいになり、服装も通夜に喪服を着ていくことが増えていますが、本来通夜は訃報を聞いたらすぐ駆けつけるものですから、時をおかず始まる通夜に参列するときは喪服を着る必要はありません。

喪服で訪れるべき通夜と急いで駆けつけたときの違い

しかし近年では、友引を避けたり、そのほかのさまざまな理由により通夜が死亡から3〜4日後になるケースも多くなったことにより、準備期間があるわけですから喪服で訪れることが多くなりました。
遺族や近親者は正式喪服を着用しますが、現在では洋装が一般的となっています。
子供が参列することもよくあることですが、子供の場合は制服であれば喪服の代わりになります。
最も大事なことは数珠を忘れないことであり、親戚の葬儀に忘れるということはマナーに反することになります。

東京下の葬儀 情報